昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
徳島県美馬市(美馬町)
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日午前5時過ぎ、室戸台風が通過し、風雨が強く、吉野川をはじめ河川が増水し、大洪水となった。吉野川では11.22mの増水、最大風速36.7mと言われた。被害は稲作、桑園で大きかった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
美馬町史編集委員会編「美馬町史」(美馬町、1989年)、682頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風 洪水 吉野川
NO.
徳島2347

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風、最大風速36.7m、吉野川大洪水(11.22m増水)。 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風が室戸岬に上陸し、海岸沿いに北東進した。仁淀川では大洪水となった。雨量は長者で734ミリ、池川で665ミ... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、台風18号(第二室戸台風)、最大瞬間風速38.0m、吉野川大洪水(10.40m増水)。 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風により、吉野川増水、三好橋の水位50尺(15m)、交通途絶。洪水流量10,000立米/秒と推定される。(「吉野... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が奈半利町に上陸した。最低気圧684ミリ、最大瞬間風速60~70mで、遠く離れた窪川でも相当の風雨で大きな損害... 続きを読む