昭和49年の梅雨前線・台風8号

災害年月日
1974年07月04日
市町村
徳島県神山町
災害種類
風水害  
概要
昭和49年(1974)7月4日~9日、停滞していた梅雨前線が台風8号により刺激を受けて大雨を降らせた。上分字府殿では鮎喰川の増水により製材所と居宅が流された。町全体の被害は、住宅・工場流失4棟、住宅全壊10戸、床上浸水3戸、床下浸水14戸等で、被害総額は27億5,800万円と推計された。特に被害が甚大であった上分字府殿地区の一部住民からは移転の希望が出され、町では防災集団移転事業により国の補助を受けて、府殿地区から阿野字下地への一部移転を実施した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
神山町史編集委員会編「神山町史 下巻」(神山町、2005年)、436-438頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
梅雨前線 台風 府殿 鮎喰川 防災集団移転事業
NO.
徳島2356

よく似た災害

平成30年7月の梅雨前線による大雨

平成30年(2018)7月、梅雨前線により大雨が続き、肱川橋上流域平均総雨量は7日10時までの累計で360.5ミリを記録した。8時54分に阿蔵地区、8... 続きを読む

昭和36年の梅雨前線豪雨

昭和36年(1961)6月24日15時頃から、梅雨前線による豪雨が始まり25日朝まで続き、宍喰では644ミリの記録的大雨となった。24日~29日の宍喰... 続きを読む

昭和36年の梅雨前線豪雨

昭和36年(1961)6月24日15時頃から、梅雨前線による豪雨が始まり25日朝まで続き、宍喰では644ミリの記録的大雨となった。24日~29日の宍喰... 続きを読む

昭和36年の梅雨前線豪雨

昭和36年(1961)6月24日15時頃から、梅雨前線による豪雨が始まり25日朝まで続き、宍喰では644ミリの記録的大雨となった。24日~29日の宍喰... 続きを読む

平成3年の梅雨前線豪雨

平成3年(1991)6月30日~7月5日、梅雨前線豪雨により、北野田の内川(徳威三嶋宮南)堤防法面が一部崩壊し決壊の恐れが出てきたため、積み土嚢・木流... 続きを読む