昭和13年の洪水

災害年月日
1938年00月00日
市町村
徳島県吉野川市(山川町)
災害種類
風水害  
概要
昭和13年(1938)頃、川田川の堤防が鉄橋の上流200m位の所で東側に切れた。このため、鉄道が山川駅東小鉄橋の所で被害を受け、消防組が徹夜で復旧作業をした。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
山川町史編集委員会編「改訂 山川町史」(改訂山川町史刊行会、1987年)、578頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 川田川 堤防決壊 鉄橋
NO.
徳島2361

よく似た災害

昭和13年の洪水

昭和13年(1938)頃、川田川の堤防が鉄橋の上流200m位の所で東側に切れた。このため、鉄道が山川駅東小鉄橋の所で被害を受け、消防組が徹夜で復旧作業... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)、前年の台風6号による災害の復旧作業が進む中で、台風17号が来襲し、村内至る所で災害を受けた。被害は居宅の全壊45戸、半壊12戸... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月22日朝から、台風6号による雨が本格的に降り始め、23日午前4時頃まで続いた。この雨で、国道193号は清水で81m、谷口で1... 続きを読む

大正9年7月の洪水

大正9年(1920)7月29日、一本松村で大洪水となり、田畑の流失68町歩、死者1人の被害が出た。一本松村では、大正2年(1913)の洪水で被害を受け... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月、枕崎台風により、三間町内で被害を受けた。 続きを読む