昭和19年の洪水

災害年月日
1944年00月00日
市町村
徳島県吉野川市(山川町)
災害種類
風水害  
概要
昭和19年(1944)、川田川の堤防が川田字村雲で西側に切れた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
山川町史編集委員会編「改訂 山川町史」(改訂山川町史刊行会、1987年)、578頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 川田川 堤防決壊 村雲
NO.
徳島2362

よく似た災害

昭和19年の洪水

昭和19年(1944)、川田川の堤防が川田字島で西側に切れた。 続きを読む

寛政3年の洪水

寛政3年(1791)8月20日、川田川の堤防が中御前神社あたりで西側に切れた。拝殿は流れたものの、壊れず、藪中に北面して立っていた。その後、復旧工事中... 続きを読む

寛政3年の洪水

寛政3年(1791)8月20日、川田川の堤防が中御前神社あたりで西側に切れた。拝殿が流失したが、壊れず、藪中に北面して立っていた。その後、復旧工事中に... 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)、川田川が川東ネブリの下流で東側に切れた。 続きを読む

昭和13年の洪水

昭和13年(1938)頃、川田川の堤防が鉄橋の上流200m位の所で東側に切れた。このため、鉄道が山川駅東小鉄橋の所で被害を受け、消防組が徹夜で復旧作業... 続きを読む