昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月00日
市町村
徳島県吉野川市(山川町)
災害種類
風水害  
概要
昭和51年(1976)9月、台風17号により、川田川の中央橋上下流西岸の堤防が100mにわたって激流にえぐられ、決壊状態となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
山川町史編集委員会編「改訂 山川町史」(改訂山川町史刊行会、1987年)、579頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 川田川 中央橋 堤防決壊
NO.
徳島2365

よく似た災害

昭和53年の台風18号

昭和53年(1978)9月15日午後8時から10時にかけて強い西風をもたらした台風18号は、満潮時と重なり、町内各所で被害を出した。明日新田護岸は、異... 続きを読む

昭和57年の山崩れ

昭和57年(1982)5月2日午後10時25分頃、助字日浦の保安林幅約60m、高さ約50mにわたって崩れ、国道195号が約70mにわたって埋まり、全面... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が来襲し、馬場の日吉谷川の堤防が10mにわたって決壊した。 続きを読む

平成9年6月の土砂災害

平成9年(1997)6月23日、町内西峰の国道439号(1車線)が長さ約25mにわたって崩壊し、全面通行止めとなった。 続きを読む

平成14年の山崩れ

平成14年(2002)7月7日午後1時頃、折宇の折宇橋上の山肌が幅約30m、高さ約20mにわたって崩落し、国道195号は30mにわたって埋まり、全面通... 続きを読む