享和元年の洪水

災害年月日
1801年00月00日
市町村
徳島県吉野川市(山川町)
災害種類
風水害  
概要
享和元年(1801)、喜来は大水で河原となった。吉野川が西崎より切入、河原となった。(上田氏文書による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
山川町史刊行会編「山川町史」(山川町史刊行会、1959年)、377-378頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 吉野川 喜来 西崎
NO.
徳島2502

よく似た災害

享和元年の洪水

享和元年(1801)8月19日から20日かけて、吉野川で風雨、洪水により、川成(田畑に土砂が流入し河原のような荒廃地になった状態)、砂成(砂が入った程... 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)7月10日と15日、大風、洪水。(「高松藩記」による)十河から南亀田にかけての吉田川が砂入り河原となって、そのまま放置された。 続きを読む

享和元年の洪水

享和元年(1801)秋、吉野川で2度の洪水があり、郡代による詳細な調査記録(蜂須賀家文書「一昨年以来相手懸候御用方申上帳」)が残る。(松下師一) 続きを読む

享和元年の洪水

享和元年(1801)秋に、二度の洪水があった。旧吉野川流域では、各所で堤防が壊れ、家々が流され、人や家畜が大きな被害を受けた。広島でも、洪水で土地が川... 続きを読む

享和元年の洪水

享和元年(1801)秋に、二度の洪水があった。旧吉野川流域では、各所で堤防が壊れ、家々が流され、人や家畜が大きな被害を受けた。広島でも、洪水で土地が川... 続きを読む