大正6年~12年の洪水

災害年月日
1917年00月00日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
風水害  
概要
大正6年(1917)~12年(1923)、毎年洪水で昼間の島は冠水。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三好町誌編集委員会編「三好町誌」(三好町誌編集委員会、1959年)、99頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 昼間の島
NO.
徳島2524

よく似た災害

大正3年・4年の洪水

大正3年(1914)、4年(1915)秋、大洪水で小見橋流失。 続きを読む

明治40年~大正元年の洪水

明治40年(1907)から大正元年(1912)まで、毎年秋に大洪水のため、田畑冠水、谷筋の田畑流失。 続きを読む

大正4年8月の洪水

大正4年(1915)8月5日、弘化年間以来の暴風雨大洪水であった。 続きを読む

大正14年の洪水

大正14年(1925)、大雨により舟入川の源兵衛堤(田辺島通りから新木の間の南岸堤防)が崩れて洪水となった。 続きを読む

大正9年7月の洪水

大正9年(1920)7月29日、一本松村で大洪水となり、田畑の流失68町歩、死者1人の被害が出た。一本松村では、大正2年(1913)の洪水で被害を受け... 続きを読む