昭和13年の洪水

災害年月日
1938年00月00日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
風水害  
概要
昭和13年(1938)、大洪水のため、各河川の護岸流失、増川校庭200坪流失。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三好町誌編集委員会編「三好町誌」(三好町誌編集委員会、1959年)、99頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
徳島2527

よく似た災害

昭和13年の洪水

昭和13年(1938)9月5日、大洪水のため、各谷川の橋梁と護岸流失。増川校の校庭200坪流失。内野谷で県道崩壊し、老婆2人遭難。(新聞記事による) 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日、台風17号により、護岸流失。(土器川の主な洪水の歴史による) 続きを読む

明治35年の洪水

明治35年(1902)9月7日、台風により各河川洪水のため、鍛治塚堤越水。(「徳島日々新聞」による) 続きを読む

文久2年の洪水

文久2年(1862)8月11日、大洪水のため、雁切橋(紅葉橋)が流失した。 続きを読む

元禄14年の洪水

元禄14年(1701)、10日余りも雨が降り続き、吉野川の大洪水のため、舞中島の全戸が流失した。(宮崎淳) 続きを読む