昭和29年のマリーナ台風

災害年月日
1954年09月18日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
風水害  
概要
昭和29年(1954)9月18日、マリーナ台風が発生し、九州に上陸後、愛媛県下を通過し、中国地方を横断して、日本海に抜けた。稲の収穫時と重なり、稲が倒伏、流出して大きな被害を受けた。また、この台風は、国鉄史上最大の海難事故である青函連絡船洞爺丸の沈没という大惨事を起こした。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三好町史編集委員会編「三好町史 地域誌・民俗編」(三好町、1996年)、782-783頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
マリーナ台風 洞爺丸沈没
NO.
徳島2532

よく似た災害

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月20日、枕崎台風が県内を襲い、史上最大の被害をもたらした。 続きを読む

昭和40年の台風23号・24号・25号

昭和40年(1965)9月10日の台風23号、13日~17日の台風24号・25号の来襲は、県下史上最大の水被害をもらたし、人的・物的被害も多大となった... 続きを読む

大正10年10月の突風

大正10年(1921)10月29日、突風により海難事故多し。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日の台風は、香川県で観測史上最大の災害をもたらした台風である。多度津での最大風速52m/秒で、被害の多くは風害であった。... 続きを読む

昭和29年のローナ台風

昭和29年(1954)9月18日、ロース台風が襲来した。小松島港の高潮は58cm、降雨量は雲早山系で150ミリを超えた程度で、大きな被害はなかった。し... 続きを読む