嘉永5年の洪水

災害年月日
1852年08月00日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
風水害  
概要
嘉永5年(1852)7月、子の大水により、増川谷、漆谷、伊月谷、子守谷筋などが崩れ、大被害を受けた。(「三好町誌」による)
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では嘉永5年(1853)となっているが、嘉永5年(1852)に修正した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三好町史編集委員会編「三好町史 歴史編」(三好町、1997年)、469頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 子の大水 増川谷 漆谷 伊月谷
NO.
徳島2535

よく似た災害

安政4年の台風

安政4年(1857)、大暴風雨により、教法寺のセンダンの大木、本堂、鐘堂が吹き倒された。また、八朔の大水により、足代妙見の往還に吉野川の水が2尺も乗り... 続きを読む

嘉永5年の風雨

嘉永5年(1852)7月、風雨、出水。子の大水という。(「三好郡誌」による) 続きを読む

嘉永5年の風雨

嘉永5年(1852)7月、風雨、出水。子の大水という。(「三好郡誌」による) 続きを読む

嘉永5年7月の洪水

嘉永5年(1852)7月21日、子の大水。(「吉野川」による) 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月、あほう水と呼ばれる大洪水により、吉野川や各谷川筋は大荒れであった。(「三好町誌」による) 続きを読む