慶応2年の洪水

災害年月日
1866年08月00日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)7月、昼間土居では7、8尺の所にある梨の木に船をつなぐという前段未聞の大水となった。寅の水と言われる。(「三好町誌」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三好町史編集委員会編「三好町史 歴史編」(三好町、1997年)、469頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 昼間土居 寅の水
NO.
徳島2537

よく似た災害

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)、水害により砂入地ができ、寺町、伊勢町、須賀方面まで水浸しになって甚だ困惑した。寅年の大水と言われる。 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)7月1日、前代未聞の大水、中須賀残らず入る。(「堺屋記録」による) 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)、那賀川大洪水。寅の水と呼ばれ、10日余りも大雨が降り続き、前代未聞の大出水となった。西納で1軒砂入りとなって埋まった。榎谷では、... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)、豪雨により徳島平野全域が大洪水に見舞われた。別名「寅の大水」と言われる。 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)、豪雨により徳島平野全域が大洪水に見舞われた。別名「寅の大水」と言われる。 続きを読む