明治29年の台風

災害年月日
1896年08月30日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
風水害  
概要
明治29年(1896)8月30日、暴風雨により、昼間村の道路決壊15間、明治橋及び前谷橋墜落、猪鼻の道路決壊5箇所延長133間、足代村の桐谷橋、東井川村野津後橋台破壊等。(新聞記事による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三好町史編集委員会編「三好町史 歴史編」(三好町、1997年)、750-751頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 昼間村 猪鼻 足代
NO.
徳島2554

よく似た災害

明治31年の台風

明治31年(1898)9月2日、暴風雨により、鈍川村で浸水破壊家屋3戸、道路決壊11箇所104間、堤防流失3箇所60間、井堰決壊16箇所68間。 続きを読む

安政4年7月の台風

安政4年(1857)7月1日、大風により、池田で倒れた家が10軒以上もあったという。足代村の教法寺の過去帳によると、7月朔日朝9ツ時まで大風につき、セ... 続きを読む

嘉永5年の風雨

嘉永5年(1852)7月20日、21日、風雨、出水により、足代村の吉野川筋並びに谷筋の所々で損毛。。 続きを読む

明治40年9月の台風

明治40年(1907)9月7日、台風が九州西岸から山口県に進んだ。雨量は越知で402ミリに達し、被害は堤防決壊2箇所、延長20間、道路の破損11箇所、... 続きを読む

安政4年の台風

安政4年(1857)7月29日から大暴風雨となり、潰家多く、怪我人が多数出た。足代村の教法寺の記録には「三好地方の里人も頗る肝をひやした」と記されてい... 続きを読む