昭和34年の伊勢湾台風

災害年月日
1959年09月26日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
風水害  
概要
昭和34年(1959)9月26日、潮岬の西から紀伊半島を縦断して北北東に進んだ台風は、伊勢湾岸に大きな被害をもたらしたが、台風通過が短時間であったので、那賀川流域ではそれほど増水せず、県南海岸では所々で堤防決壊があった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
阿南市史編さん委員会編「阿南市史 第4巻」(阿南市、2007年)、600頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
伊勢湾台風
NO.
徳島2609

よく似た災害

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、伊勢湾台風により、那賀川流域の降雨は時間的に短いものであったが、剣山北斜面を中心に多く降った。洪水は古庄で最高水位6... 続きを読む

昭和15年の台風

昭和15年(1940)9月10日、11日、暴風雨があったが、冠水時間が短かったので、被害は軽微であった。 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、台風15号(伊勢湾台風)により、那賀川で洪水。流域平均2日雨量(古庄上流)228ミリ、ピーク流量(古庄地点)3,46... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、伊勢湾台風が来襲し、死者・行方不明者は全国で5,098人に達した。高知県は台風進路の西側だったので、被害は少なかった... 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月9日、台風18号により、那賀川流域の総降水量は250~400ミリとなった。古庄の水位は9日10時の5.70mがピークであった... 続きを読む