昭和51年9月の大雨

災害年月日
1976年09月08日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
風水害  
概要
昭和51年(1976)9月、台風17号が南九州西方で長時間停滞し、前線を刺激して大雨となった。県内では8日から13日まで連続6日間雨が続き、各地に記録的な豪雨をもたらした。木頭村日早の観測計は2,781ミリを計測し、我が国の連続降水記録となっている。剣山周辺で多数の山崩れを生じたが、那賀川下流では被害は少なかった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
阿南市史編さん委員会編「阿南市史 第4巻」(阿南市、2007年)、600頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 豪雨
NO.
徳島2623

よく似た災害

昭和33年10月の大雨

昭和33年(1958)10月18日、低気圧が四国の南岸沿いに東進し、高知から和歌山間で短時間の大雨となった。徳島県では18日朝、日野谷で328ミリ、川... 続きを読む

昭和13年7月28日の大雨

昭和13年(1938)7月28日、低気圧による降雨が始まり、那賀川上流では連日100ミリ以上降り、8月1日が最も多く、朴野、横瀬で290ミリを計測し、... 続きを読む

昭和13年7月28日の大雨

昭和13年(1938)7月28日、低気圧による降雨が始まり、那賀川上流では連日100ミリ以上降り、8月1日が最も多く、朴野、横瀬で290ミリを計測し、... 続きを読む

昭和33年10月の大雨

昭和33年(1958)10月18日、低気圧が四国の南岸沿いに東進し、高知から和歌山間で短時間の大雨となった。徳島県では18日朝、日野谷で328ミリ、川... 続きを読む

昭和45年7月の大雨

昭和45年(1970)7月31日~8月1日、台風6号くずれの熱帯低気圧の影響で、県南は大雨となった。総降水量は宍喰288ミリ、日和佐262ミリで、日降... 続きを読む