慶応2年の寅の水

災害年月日
1866年09月13日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月5日より大雨が続き、7日夜に風雨ますます激しくなり、大水になった。上大野町の医師・岸玄碩先生が城山神社に奉納した絵馬には、那賀川の水害で大きな家が浮き、家族ら8人が家ごと流された時の様子が記されている。家はやがて壊れたが、この時、八畳の天井板が浮かんできたので家族らは天井板に乗り、普段信仰している城山神社を伏し拝み、一里ほど洪水に流されて助かった。
地理院地図
Googleマップ
備考
城山神社には奉納した絵馬の複製が掲げられている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
阿南市史編さん委員会編「阿南市史 第2巻」(阿南市、1995年)、372-377頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
寅の水 岸玄碩 那賀川 城山神社 絵馬
NO.
徳島2646

よく似た災害

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)8月、洪水により、家ごと4kmも流されながら奇跡的に助かった一家を描いた絵馬が阿南市の城山神社に残されている。 続きを読む

慶応2年の洪水

image

慶応2年(1866)、那賀川の洪水のため、医師の岸玄碩先生ら8人が壊れた家の天井板に乗り、洪水の中を流されたが、普段信仰している城山神社を拝み、一里ほ... 続きを読む

慶応2年の洪水

image

慶応2年(1866)、那賀川の洪水のため、医師の岸玄碩先生ら8人が壊れた家の天井板に乗り、洪水の中を流されたが、普段信仰している城山神社を拝み、一里ほ... 続きを読む

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)の寅の水により、吉野川沿いでは土地の高いところでも床上2、3尺、低いところでは天井に達するほどの浸水となり、蔵珠院の茶室には当時の... 続きを読む

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)7月末から降り始めた雨は8月5日より大雨となり、7日の夕方に大洪水を引き起こし、各所で堤防が決壊した。この時の洪水の痕跡が徳島市国... 続きを読む