安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
愛媛県伊予市
災害種類
地震・津波  火災  
概要
嘉永7年(1854)11月5日7ツ時(午後4時頃)及び7日4ツ時(午前10時頃)に、大地震があった。大地震で倒壊した家の下敷きになるなどして8人が死亡した。また、大地震の際に浜方のあちこちで火災が発生した。さらに、道後温泉では源泉の湯がとまったが、翌年5、6月頃になって元のように湧き出るようになった。嘉永7年の「大地震記録」には、「塩屋記録」や「村諸日記」のような大地震の惨状はほとんど述べられていないが、地震後の湊町の町方や奉行所の対応、藩の触書などの記事が年末まで記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
柚山俊夫「嘉永7年の『大地震記録』について」(伊予市歴史文化の会編集部編「伊豫市の歴史文化 第57号」伊予市歴史文化の会、2007年、所収)、15-21頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
安政南海地震 死者 火災 道後温泉 大地震記録
NO.
愛媛439

よく似た災害

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日申の下刻(17時頃)、大地震が発生した。寅の年の大変と呼ばれている。足摺岬の様子を伝える記録や口伝によると、地鳴り、海鳴... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日、大地震の後、津波が襲来した。上岡八幡宮の参道入口にある津浪の碑には「嘉永七年寅十一月五日大地震地所よりしつみ浦々人家流... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日、M8.4地震、津波。(「宿命の浅川港」による)なお、この年の11月27日に、嘉永から安政に改元されたため、嘉永7年の地... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む