昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生した。その体験者の多くはまだ健在であり、体験談を収集して共有することは地域防災活動に有効である。そこで、この論文では、松山市と宇和島市を中心とした愛媛県内各地で、昭和南海地震の体験談をヒアリング調査により収集するとともに、体験者に対するアンケート調査を実施し、体験談の収集と共有、そしてその意義を報告している。ヒアリング調査の過程で、松山では記録が残っていない津波について、三津地区の人々から体験談を収集することもできたという。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
森伸一郎・九木留貴裕「地域における地震体験談の収集と共有」(地域安全学会編「地域安全学会梗概集No.22」地域安全学会、2008年)、頁なし
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
昭和南海地震 体験談 ヒアリング調査 アンケート調査 津波
NO.
愛媛446

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生した。この論文では、愛南町の久良小学校の協力のもと、全児童51人に対して昭和南海地震などの地震体験談... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震による津波のため、小松島市では死者1人の被害を出した。この報告では、小松島市での昭和南海地震被害に関する資料収集を行う... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震が発生した。この研究では、昭和南海地震の震源域を取り囲む、和歌山、徳島、高知の各地で体感された揺れに関する体験談を収集... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震が発生した。この研究では、昭和南海地震の震源域を取り囲む、和歌山、徳島、高知の各地で体感された揺れに関する体験談を収集... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)の南海地震(M8.0)により、徳島市では死者2人、全壊家屋23戸の被害を受けたが、詳細な被害様相は記録されておらず、被害のメカニ... 続きを読む