昭和20年の阿久根台風

災害年月日
1945年10月07日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)10月7日、阿久根台風は豪雨をもたらした。勝浦川流域に多雨域ができ、小松島で10月7日からの4日間の雨量は594ミリに達し、中小河川が氾濫した。この年は、春から夏にかけての低温、枕崎台風、阿久根台風の襲来により空前の大凶作となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、531-532頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
阿久根台風 豪雨 勝浦川
NO.
徳島2815

よく似た災害

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月7日から10日にかけて、阿久根台風による総雨量は308ミリに達した。枕崎台風で弛緩していた堤防が阿久根台風時に各所で決壊し... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風により、県内の各河川はほとんど氾濫。 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月8日~13日の阿久根台風は、県内で死者5人、行方不明2人のほか、各地で河川氾濫などの被害を出した。 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風。 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風。 続きを読む