昭和29年の台風15号

災害年月日
1954年09月26日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
風水害  
概要
昭和29年(1954)9月26日、台風15号が台湾東方から日本列島を縦断し北海道に抜けた。洞爺丸台風とも言われる。小松島市では勝浦川右岸の改修工事が完了しており、海岸の築堤も緒についていたため、被害を最小限度に食い止めることができたが、稲作の被害は甚大であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 下巻」(小松島市、1988年)、573頁及び576頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洞爺丸台風 勝浦川改修工事 海岸築堤
NO.
徳島2825

よく似た災害

昭和3年の洪水

昭和3年(1928)8月30日、吉野川は大洪水となったが、大正15年(1926)に吉野川改修工事が完成していたため、堤防決壊を免れ被害少し。 続きを読む

昭和25年のジェーン台風

昭和25年(1950)9月3日午前10時、ジェーン台風は室戸岬に上陸し、紀伊水道の西部を通過し、午後1時20分に神戸に上陸して日本海に抜けた。小松島市... 続きを読む

昭和3年の台風

昭和3年(1928)8月30日、台風が豊後水道を北上し、中国地方に抜けた。県内の大部分で200~300ミリを観測し、那賀川上流で多く降り、近年まれな出... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の地震により、禎瑞新田で家屋の倒壊、一部堤塘の崩壊、潮水の噴出、地盤沈下等があった。禎瑞地区の地盤沈下は約20cmで... 続きを読む

昭和12年の台風

昭和12年(1937)9月22日、台風により松茂では水稲など農作物に16万510円の被害が出た。なお、この台風が来るまでに、大手海岸の豊岡・満穂地区で... 続きを読む