昭和56年の寒波

災害年月日
1981年02月25日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
その他(寒波)  
概要
昭和56年(1981)2月25日夕方、強風と寒波が来襲し、寒い日が2、3日続いた。作物には大被害が出たが、特にみかんの被害が大きく、寒気の溜まる低地等では枯死したみかん園が続出した。寒波の後遺症は何年も続いた。五六の寒凍害と呼ばれている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
櫛渕町史編集委員会編「櫛渕町史」(櫛渕公民館、1990年)、376-377頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
強風 寒波 寒凍害
NO.
徳島2847

よく似た災害

昭和42年の寒波

昭和42年(1967)1月16日から18日の寒波襲来により、宇和島地方では約25億円の果実・樹体被害を出したと言われている。 続きを読む

昭和38年の寒波・強風・大雪

昭和38年(1963)1月、季節風と大雪を伴い寒波が襲来した。強風により、海上交通の欠航が続き、曳き船が小豆島北岸で沈没、高松で停電、坂出市繁華街で火... 続きを読む

昭和51年の寒波

昭和51年(1976)2月、松山気象台開設以来という大寒波に見舞われ、かんきつ類はほとんど落葉し、多くの家庭の給排水用パイプが裂けるなどの被害を受けた... 続きを読む

昭和52年2月の寒波

昭和52年(1977)2月15日、寒波が襲来し、県西部を中心に降雪が断絶し、大雪、強風、波浪、異常低温注意報が発令された。16日には徳島の最低気温が-... 続きを読む

昭和52年2月の寒波

昭和52年(1977)2月15日、寒波が襲来し、県西部を中心に降雪が断絶し、大雪、強風、波浪、異常低温注意報が発令された。16日には徳島の最低気温が-... 続きを読む