昭和7年の大雪

災害年月日
1932年02月00日
市町村
徳島県勝浦町
災害種類
雪害  
概要
昭和7年(1932)2月、夜大雪のため1尺2寸積もり、ミカン樹の被害が甚大であった。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
勝浦町誌編集委員会編「勝浦町誌」(勝浦町、2005年)、16頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
徳島2899

よく似た災害

昭和6年の雪

昭和6年(1931)2月、降雪のためミカン樹の被害が甚大であった。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

昭和16年7月の台風

昭和16年(1941)7月、暴風雨により勝浦川が増水、氾濫し、タバコ葉の被害が甚大であった。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

昭和13年7月の台風

昭和13年(1938)7月、暴風雨により勝浦川が増水し、タバコ葉の被害が甚大であった。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月、室戸台風により被害甚大であった。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

昭和7年の干ばつ

昭和7年(1932)7月、干天により稲作被害は甚大であった。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む