昭和50年の台風

災害年月日
1975年08月22日
市町村
徳島県上勝町
災害種類
風水害  
概要
昭和50年(1975)8月22日、台風による大雨の中、志太倉山が大崩壊し、膨大な量の土砂や倒木などが樫原谷に流入したため、下流で氾濫し、堂平地区で大被害をこうむった。復旧延長213m、復旧費2,294万円に達した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上勝町誌編纂委員会編「上勝町誌」(上勝町、1979年)、395頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 志太倉山崩壊 樫原谷 堂平
NO.
徳島3002

よく似た災害

昭和50年の台風

昭和50年(1975)8月22日、台風による大雨の中、志太倉山が大崩壊し、膨大な量の土砂や倒木などが樫原谷に流入したため、下流で氾濫し、堂平地区で大被... 続きを読む

昭和54年の台風16号

昭和54年(1979)10月1日、台風16号、岩津の流量9,500立米/秒。上流無堤地区、下流内水地区で氾濫による被害大。(吉野川における災害年表) 続きを読む

昭和54年の台風16号

昭和54年(1979)10月1日、台風16号により、岩津の流量9,500立米/秒。上流無堤地区、下流内水地区で氾濫による被害甚大。(「吉野川ーその治水... 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月9日、台風18号により、岩津の流量14,500立米/秒。上流無堤地区、下流内水地区で氾濫による被害甚大。(「吉野川ーその治水... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月23日、台風6号により、岩津の流量13,900立米/秒。上流無堤地区、下流内水地区で氾濫による被害甚大。(「吉野川ーその治水... 続きを読む