安政元年の南海地震

災害年月日
1854年00月00日
市町村
香川県
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)、地震が発生し、津波が襲来した。香川県では香西地区で満潮の際、潮位が平常より1尺余(0.3m)高くなった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
村上仁士・中野晋・上月康則「南海地震による津波被害」(土木学会四国支部四国ブロック南海地震研究委員会編「南海地震研究 第1巻」2005年)、88-89頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
安政南海地震 津波 満潮
NO.
香川147

よく似た災害

昭和49年の異常潮位

昭和49年(1974)8月17日~20日、大潮に当たり、本州の南海上を西進する台風14号の影響もあって、満潮時の潮位が平常より10~14cm高くなり、... 続きを読む

昭和49年の異常潮位

昭和49年(1974)8月17日~20日、大潮に当たり、本州の南海上を西進する台風14号の影響もあって、満潮時の潮位が平常より10~14cm高くなり、... 続きを読む

昭和35年の台風16号

昭和35年(1960)8月29日、台風16号(970ミリ)が宇佐付近へ上陸した。宇佐港では水位が平常より2m高くなり、堤防が決壊した。 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、前日の東海地震の32時間後に南海地震が発生した。津波により、牟岐では波高3丈(9m)、死者20人、宍喰では波高2丈(6... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日7ツ時(午後4時頃)及び7日4ツ時(午前10時頃)に、大地震があった。大地震で倒壊した家の下敷きになるなどして8人が死亡... 続きを読む