天明7年の長雨

災害年月日
1787年04月00日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
その他(長雨)  
概要
天明7年(1787)3月より雨が降り、5月20日まで長雨となった。このため、川内村では麦が極めて減収となった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
川内村編「川内村史」(川内村、1937年)、1274頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨
NO.
徳島3070

よく似た災害

天明7年の長雨

天明7年(1787)3月より雨が降り出し、5月22日までの長雨で麦が腐り、川内村では反当たり5斗3升しかとれなかったといわれる。 続きを読む

大正10年の長雨

大正10年(1921)6月4日に始まった雨は7日にあがり、9日から再び降り出して7月2日までほとんど連続した。高知付近では降雨日数が28日になったとこ... 続きを読む

昭和21年の長雨

昭和21年(1946)6月~7月、多雨が続き、日照不足は5月~6月に顕著であった。このため、麦作はかなりの減収となった。 続きを読む

天明7年の洪水

天明7年(1787)、大洪水のため飢饉となった。米価高騰、減収により難渋を極めた。(「田野村誌」等による) 続きを読む

天明元年の洪水

天明元年(1781)、丑年の洪水により、高80,164石余の減収となった。(「阿淡年表秘録」による) 続きを読む