文政3年の大雪

災害年月日
1820年02月16日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
雪害  
概要
文政3年(1820)1月3日朝7ツ時より大雪が降り、7、8寸積もった。(鈴木家年代記抄による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
川内村編「川内村史」(川内村、1937年)、1274頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
徳島3071

よく似た災害

康安元年/正平16年の大雪

康安元年/正平16年(1361)6月22日、大雪が降り、6尺も積もった。極寒冬のようであった。(「讃岐国大日記」による) 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日午前11時から翌11日午後6時半まで、雪が降り続いた。特に10日夜から11日午前中に降り積もった雪は、8寸4分(約26... 続きを読む

昭和20年1月の雪

昭和20年(1945)1月18日、降雪により3寸積もった。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む

享保13年の地震

享保13年(1728)9月1日、大地震、津波が起こり、2日まで宮島浦、平井志村南牛飼並びに沖島田等に潮が入り、稲作の被害が多かった。(平石の鈴江龍太郎... 続きを読む

明治33年の大雪

明治33年(1900)12月9日、大雪のため、梼原で56cm積もった。(「高知県災異誌」による) 続きを読む