安政4年の暴風

災害年月日
1857年08月19日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
風水害  
概要
安政4年(1857)6月30日夜9ツ時より雨降り、翌朝には雨が上がったが、朝4ツ時過ぎにより風が強まり、瓦が吹き飛ばされるなどした。潰家は大松45軒、中島38軒、榎瀬35軒、加賀須野34軒、竹須賀10軒、平石58軒、沖島36軒、鈴江10軒、宮島浦22軒、鶴島20軒などで、国中では潰家が4万軒余に達した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
川内村編「川内村史」(川内村、1937年)、1288-1289頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風
NO.
徳島3078

よく似た災害

安政4年の台風

安政4年(1857)6月30日夜9ツ時より雨降り、翌朝には雨が上がったが、朝4ツ時過ぎにより風が強まり、瓦が吹き飛ばされるなどした。潰家は大松村45軒... 続きを読む

安政4年の台風

安政4年(1857)6月30日夜9ツ時より雨降り、翌朝には雨が上がったが、朝4ツ時過ぎにより風が強まり、瓦が吹き飛ばされるなどした。潰家は大松村45軒... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日朝辰の下刻に地震が起こり、人々は出火の用心をしていたところ、翌5日申刻に天地が覆るような地震が起こった。被害は、大松村で... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日朝辰の下刻に地震が起こり、人々は出火の用心をしていたところ、翌5日申刻に天地が覆るような地震が起こった。被害は、大松村で... 続きを読む

万延元年の風水害

万延元年(1860)7月11日夜、風雨、津波あり、潮が押し寄せ、田地30町余に損害が及んだ。直ちに仮汐留堰を作るように、関係する平石、加賀須野、大松の... 続きを読む