大正7年の水害

災害年月日
1918年00月00日
市町村
徳島県那賀町(鷲敷町)
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)の水害の写真1枚。和食殿谷医院付近から西町を望む。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
80年のあしあと編集委員会編「80年のあしあと」(鷲敷町、1990年)、136頁
情報源の種類
写真集
キーワード
水害 写真 和食
NO.
徳島3092

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)の室戸台風による水害の写真1枚。和食東町を望む。 続きを読む

大正9年の水害

大正9年(1920)、四万十川の水害のため、幡多郡内で人畜被害200余人という大災害が起きた。 続きを読む

大正12年の水害

大正12年(1923)、大正期最大の水害があり、拝志村が被害を受けた。 続きを読む

大正14年の水害

大正14年(1925)9月14日、物部川の水害により、西岸の被害が大きかった。 続きを読む

大正4年の水害

大正4年(1915)6月24日、物部川の水害により、西岸の被害が大きかった。 続きを読む