昭和47年の豪雨

災害年月日
1972年09月06日
市町村
徳島県松茂町
災害種類
風水害  
概要
昭和47年(1972)9月6日夜から雷を伴った激しい雨が降り始め、降り始めから9日朝までの雨量は、松茂町で469ミリ、徳島市で501ミリとなった。松茂町の被害は、床上浸水14戸、床下浸水363戸(長原203戸、広島160戸)であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
松茂町誌編纂委員会編「松茂町誌 下巻」(松茂町、1976年)、41頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨
NO.
徳島3185

よく似た災害

平成11年6月の豪雨

平成11年(1999)6月28日夕方から、四国付近に停滞した梅雨前線により、高知県では雨が降り始め、29日朝から夕方にかけて中部を中心に激しい雨となっ... 続きを読む

平成23年の台風15号

平成23年(2011)9月19日~21日、前線や台風15号の影響で徳島県は全域で荒れた天気となった。9月19日~21日の総降水量は、徳島市で598.5... 続きを読む

昭和48年7月の豪雨

昭和48年(1973)7月28日、足摺岬はすさまじい豪雨に見舞われた。28日4時40分~17時40分の降雨量は283.5ミリを記録し、特に11時10分... 続きを読む

平成10年の豪雨

平成10年(1998)9月24日から25日にかけて、秋雨前線により、県中央部は記録的な豪雨に見舞われ、高知市では最大1時間雨量が129.5ミリとなった... 続きを読む

平成13年9月5日の大雨

平成13年(2001)9月5日~6日、前線が四国地方をゆっくり北上し、県南部を中心に大雨となった。阿南市太竜寺山では5日~7日の総降水量335ミリを観... 続きを読む