享和元年の洪水

災害年月日
1801年00月00日
市町村
徳島県松茂町
災害種類
風水害  
概要
享和元年(1801)秋に、二度の洪水があった。旧吉野川流域では、各所で堤防が壊れ、家々が流され、人や家畜が大きな被害を受けた。広島でも、洪水で土地が川に沈み、人々が生活に行き詰まり困窮した。(郡代の報告書「板野郡一昨年以来御用方相手掛候申上帳」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
松茂町歴史民俗資料館編「水とたたかう松茂の人々 改訂増補版」(松茂町歴史民俗資料館、2004年)、22-23頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 旧吉野川 堤防決壊 広島 板野郡一昨年以来御用方相手掛候申上帳
NO.
徳島3186

よく似た災害

享和元年の洪水

享和元年(1801)秋に、二度の洪水があった。旧吉野川流域では、各所で堤防が壊れ、家々が流され、人や家畜が大きな被害を受けた。広島でも、洪水で土地が川... 続きを読む

享和元年の洪水

享和元年(1801)7月3日、大水により長山、浜戸、田野等の田地が流亡、砂入り。(「世用日記」、「新井来助日記」による) 続きを読む

寛延元年9月の洪水

寛延元年(1748)9月2日及び16日、大風、洪水により、農作物の収穫はできず、人々は困窮した。この年の度重なる天災による領民の困窮に対して、高松藩主... 続きを読む

享和元年の洪水

享和元年(1801)、喜来は大水で河原となった。吉野川が西崎より切入、河原となった。(上田氏文書による) 続きを読む

明和8年の干ばつ

明和8年(1771)、干ばつ。2年続きの干ばつのため、住民の生活は困窮した。 続きを読む