徳治2年の洪水

災害年月日
1307年00月00日
市町村
徳島県那賀町(鷲敷町)
災害種類
風水害  
概要
徳治2年(1307)、那賀川の大洪水で和食の満宝寺の伽藍と本尊が流出した。その後、13年経って僧性弁が再興したことを記した薬師如来の裏板文が無量院に残っている。この洪水は阿波国一円であった模様である。(「旧町史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鷲敷町誌編纂委員会編「鷲敷町史」(鷲敷町、1981年)、667頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 那賀川 和食 満宝寺
NO.
徳島3217

よく似た災害

徳治2年の洪水

徳治2年(1307)6月中旬、那賀川で大洪水があり、和食の無量院加藍と本尊が流亡した。おそらく吉野川にも動揺の大洪水があったと想像される。 続きを読む

明治15年の水論

明治15年(1882)8月10日、炭所西片岡の土器川に築かれた薬師堰からの分水をめぐり、長尾側と岡田側の間に紛争が起こった。これは、薬師堰の分水後の水... 続きを読む

明治45年の火災

image

明治45年(1912)1月、都呂で人家60戸、納屋等、集落の8割を全焼。宝泉寺阿弥陀如来の奇跡が伝わる。 続きを読む

大正13年の洪水

大正13年(1924)10月8日、県東部で暴風雨、集中豪雨のため、100年来の大洪水となった。塩屋川、大川はともに増水氾濫し、消防・町民の総出動により... 続きを読む

大正4年8月の洪水

大正4年(1915)8月5日、弘化年間以来の暴風雨大洪水であった。 続きを読む