明治35年の洪水

災害年月日
1902年00月00日
市町村
徳島県北島町
災害種類
風水害  
概要
明治35年(1902)、寅年の大水が発生した。この年の大水は嘉永2年の洪水よりも約1尺水嵩が高かった。鯛浜村だけで溺死者が17、18人という。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
北島町史編集委員会編「北島町史」(北島町、1975年)、238-239頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
寅年の大水 洪水 鯛浜 死者
NO.
徳島3238

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日の洪水は、明治35年(1902)の洪水よりも約1尺ないし1尺4、5寸水嵩が高かった。大正元年の大水に関する15人の村人の... 続きを読む

明和2年4月の洪水

明和2年(1765)4月、洪水により、麦枯死。酉の年の大水という。(「勝浦郡誌」による) 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)9月26日より連日降雨となり、28日、29日は一層降雨が強くなったが、29日午後11時になって止んだ。吉野川では本支流とも29日... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日、5日の大地震により、鯛浜村では180軒のうち75軒が潰家となった。鯛浜村では地割れの裂け目に2匹の馬が入り込み、人々が... 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)9月11日、水位記録上二番目の32尺4寸(9.82m)の大洪水が発生した。「戌年の大水」と言われる。 続きを読む