明治32年8月15日の台風

災害年月日
1899年08月15日
市町村
徳島県藍住町
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月15日午後3時頃より、暴風雨のため吉野川の出水と別宮川の増水が甚だしくなり、北新居村の名田堤防、仮堰25間余を破壊した。徳命村の畑約30町歩、奥野村の畑約35町歩が浸水した。本村と成瀬村では畑約20町歩が矢上川より浸水した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
藍住町史編集委員会編「藍住町史」(藍住町、1965年)、61頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 吉野川 別宮川 堤防破壊
NO.
徳島3266

よく似た災害

明治25年の洪水

明治25年(1892)7月23日~24日、吉野川(現旧吉野川)及び別宮川(現吉野川)より奥野村、徳命村、東中富村、本村、成瀬村、竹瀬村が浸水した。特に... 続きを読む

明治17年8月の洪水

明治17年(1884)8月26日、大明神川の下川原堤防400間決壊し、約1町歩が荒地となった。7町歩は一時浸水、被害戸数90戸。 続きを読む

大正7年9月の洪水

大正7年(1918)9月14日、石経関の土手約75間が決壊した。土砂埋没の畑約2町歩、浸水家屋13戸。(「田野村誌」等による) 続きを読む

寛政3年の台風

寛政3年(1791)8月20日、台風、洪水により、弦打村では飯田の東川原で堤防が60間決壊し、耕地5町歩と民家1戸が流失、3戸が浸水した。北部では徳栄... 続きを読む

大正7年7月の台風

大正7年(1918)7月12日、暴風雨のため飯尾川が出水し、水田30余町歩が浸水した。29日、再度の暴雨の襲来で、45町歩余が浸水した。 続きを読む