安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震が起こり、鈴浪が来る。翌5日7ツ半時(午後5時)未曾有の大地震が起こり、人々は狼狽し、子どもは叫ぶ。間もなく山のような津波が来て、宇佐、福島一面の海となる。津波はこの夜8、9回来たが、1番波よりも2番、3番の引き潮によって浦の人々は流された。福島中須賀の間は家が一軒も残らず、宇佐では残った家が60軒だった。流死は福島で50余人、宇佐では10余人であった。(「真覚寺日記」による)また、高知の「木屋日記」についても記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡野健之助著「四国の地震」(土佐出版社、1988年)、8-21頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
安政地震 津波 死者 真覚寺日記 木屋日記
NO.
高知299

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震が起こり、鈴浪が来る。翌5日7ツ半時(午後5時)未曾有の大地震が起こり、人々は狼狽し、子どもは叫ぶ... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日、地震津波が来襲した。「真覚寺日記」には被害の様子が詳細に書かれている。午後5時頃未曾有の大地震が起こり、人々は狼狽し、... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震があり、鈴波が来た。鈴波は津波のさきがけで、油断してはならないと言い伝えられている。翌5日夕方7ツ... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震があり、鈴波が来た。鈴波は津波のさきがけで、油断してはならないと言い伝えられている。翌5日夕方7ツ... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日午前11時大地震が起こり、津波が7、8度押しよせたが人家までは来なかった。翌5日午後5時頃、未曾有の大地震が発生し、山崩... 続きを読む