明治30年の洪水

災害年月日
1897年09月00日
市町村
徳島県板野郡
災害種類
風水害  
概要
明治30年(1897)9月、風雨、洪水により水災被害があったことが天聴に達し、9人に恩賜金が下賜された。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
板野郡教育会編「板野郡誌 下巻」(名著出版、1972年)、1414頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 洪水 恩賜金
NO.
徳島3667

よく似た災害

明治30年の洪水

明治30年(1897)9月、風雨、洪水により水災被害があったことが天聴に達し、9人に恩賜金が下賜された。 続きを読む

大正4年の大火

大正4年(1915)1月8日午前1時、八幡町から出火し、焼失家屋は230戸に及んだ。この報は天聴に達し、救恤金350円を下賜された。町民は皇恩の無窮を... 続きを読む

明治29年の台風

明治29年(1896)、大暴風雨で御下賜金があった。 続きを読む

明治29年の大雨

明治29年(1896)9月4日に低気圧が日本海を通過した後、前線が四国沖に停滞して大雨となり、4日から11日までの8日間の雨量は760ミリとなった。こ... 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)9月3日、前日より降り出した雨により、地蔵川西堤防が大板屋南部で決壊し、住宅5戸が流失した。明治天皇から見舞金が下賜され、大板屋... 続きを読む