慶応2年の洪水

災害年月日
1866年09月09日
市町村
徳島県阿波市(吉野町)
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月1日から7日間雨が降り続き、吉野川は未曾有の大氾濫となった。田畑は荒地と化し、人畜、農作物、堤防等は大被害を受けた。(「板野郡史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
吉野町史編纂委員会編「吉野町史 下巻」(吉野町、1978年)、898頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 吉野川 板野郡史
NO.
徳島3706

よく似た災害

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月1日、七日間降り続き、未曾有の大氾濫となる。田畑は荒地と化し、人畜、農作物、堤防などに大被害を受ける。(「板野郡史」、「吉野川... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月1日、七日間降り続き、未曾有の大氾濫となる。田畑は荒地と化し、人畜、農作物、堤防などに大被害を受ける。(「板野郡史」による)(... 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)8月1日、7日間降り続いた雨により、未曾有の大氾濫となった。田畑は荒地と化し、人畜、農作物、堤防など大被害。寅の水という。(「渭水... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)、七夕水により王子神社の境内まで浸水して、林町の段丘下は大海原と化し大被害を受けたとの伝説あり。 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月1日より7日までの霖雨により、7日夕には大水となった。阿波国内の河川はことごとく未曾有の大氾濫となり、ほとんど各郡が浸水し、人... 続きを読む