元和元年の台風

災害年月日
1615年05月24日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
元和元年(1615)4月27日、暴風雨のため、蜂須賀至鎮大坂出陣に際し、一時淡路島南方沖合の沼島に避難したと伝えられる。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上板町史編纂委員会編「上板町史 下巻」(上板町、1985年)、630頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 蜂須賀至鎮
NO.
徳島3735

よく似た災害

元和元年の風雨

元和元年(1615)4月27日、蜂須賀至鎮、大阪出陣の際、風雨にあい沼島に避難。 続きを読む

元和元年の風雨

元和元年(1615)4月27日、蜂須賀至鎮、大阪出陣の際、風雨にあい沼島に避難。 続きを読む

元和元年の風雨

元和元年(1615)4月27日、蜂須賀至鎮、大阪出陣の際、風雨にあい沼島に避難。 続きを読む

延宝元年の洪水

延宝元年(1673)6月27日、大洪水に際して石手川の堤防が決壊し、城下町の町分はもちろん、西堀端あたりは水勢が激しく、人々は堀の土手に避難したと伝え... 続きを読む

明和元年の洪水

明和元年(1764)8月2日、風雨、洪水により、63,288石余減収。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等... 続きを読む