万延元年5月の洪水

災害年月日
1860年07月04日
市町村
徳島県上板町
災害種類
風水害  
概要
万延元年(1860)5月16日、大雨が六日間連続し、大洪水となる。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上板町史編纂委員会編「上板町史 下巻」(上板町、1985年)、633頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水
NO.
徳島3799

よく似た災害

万延元年7月の洪水

万延元年(1860)7月11日、大風雨、洪水、高潮により、被害あり。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等に... 続きを読む

明治3年の洪水

明治3年(1870)9月9日、暴風雨により、吉野川、鮎喰川が氾濫し、大洪水となる。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「... 続きを読む

寛政4年の洪水

寛政4年(1792)7月26日、大雨、洪水により、板野郡で水害大。この年、秋祭取り止めとなる。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「... 続きを読む

寛正元年の干ばつ

寛正元年(1460)、旱害、風水害などの連続により、諸国飢饉となる。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等に... 続きを読む

文化元年8月の洪水

文化元年(1804)8月29日、大風雨、洪水により、死者11人、女110人、水死馬7頭、牛2頭、66,083石余減収。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」... 続きを読む