慶応2年の洪水

災害年月日
1866年09月09日
市町村
徳島県上板町
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月1日より7日間大雨が続き、7日大洪水となる。諸河川氾濫し、農作物及び人畜にも被害甚大。「寅の大水」という。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上板町史編纂委員会編「上板町史 下巻」(上板町、1985年)、633頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 寅の大水
NO.
徳島3802

よく似た災害

安政3年の洪水

安政3年(1856)8月1日、大風雨、洪水により、特に勝浦川沿岸で被害甚大。この年の大水を「八朔水」という。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県... 続きを読む

天明7年の洪水

天明7年(1787)4月25日、大雨、大洪水により、吉野川下流域に被害甚大。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町... 続きを読む

明和2年8月の洪水

明和2年(1765)8月2日、風雨、洪水により、河川氾濫し、農作物に被害大。119,628石余減収。この年の大水を「酉の年の大水」という。(「徳島県災... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月5日~7日、豪雨、吉野川の水量膨張し、沼川堤防総越えとなる。寅の大水。(「徳島県災異誌」等による) 続きを読む

享保13年の風雨・高潮

享保13年(1728)8月4日、風雨、高潮により、稲作に被害甚大。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等によ... 続きを読む