明治44年の台風

災害年月日
1911年08月15日
市町村
徳島県上板町
災害種類
風水害  
概要
明治44年(1911)8月15日、暴風雨により、土佐水が起こる。吉野川上流地域で豪雨があり、吉野川が氾濫する。宮川内谷川の引野入戸で堤防決壊55m、七条栗飯久保で堤防決壊36m、瀬部、本原、古町、北高瀬などで大洪水。田畑冠水30町歩、収穫皆無20町歩、罹災者500人。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上板町史編纂委員会編「上板町史 下巻」(上板町、1985年)、635頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 土佐水 吉野川 宮川内谷川 堤防決壊
NO.
徳島3828

よく似た災害

明治45年の台風

明治45年(1912)9月23日、台風による豪雨のため、吉野川、宮川内谷川が氾濫。宮川内谷川堤防決壊延長777m、田畑冠水100町歩、家屋倒壊18棟、... 続きを読む

明治32年7月の台風

明治32年(1899)7月8日、暴風雨により、吉野川上流地区で降雨多く、吉野川堤防決壊、被害大。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、... 続きを読む

大正15年の豪雨

大正15年(1926)7月7日、豪雨により、宮川内谷川氾濫、堤防決壊3箇所、延長236m、田畑冠水350町歩、日吉橋、七条橋、正念橋流失。(「徳島県災... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風により、吉野川をはじめ各河川で大洪水。徳島県の被害は、死者44人、行方不明3人、負傷18人、家屋全壊1,16... 続きを読む

明治21年の洪水

明治21年(1888)7月21日、豪雨、大洪水により、阿波郡知恵島及び板野郡西条、名西郡西覚円などで吉野川堤防決壊、家屋流失188戸、死者26人。宮川... 続きを読む