大正15年の豪雨

災害年月日
1926年07月07日
市町村
徳島県上板町
災害種類
風水害  
概要
大正15年(1926)7月7日、豪雨により、宮川内谷川氾濫、堤防決壊3箇所、延長236m、田畑冠水350町歩、日吉橋、七条橋、正念橋流失。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上板町史編纂委員会編「上板町史 下巻」(上板町、1985年)、635頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 宮川内谷川 堤防決壊 日吉橋流失 七条橋流失
NO.
徳島3835

よく似た災害

大正4年の豪雨

大正4年(1915)8月5日、豪雨により、宮川内谷川堤防7箇所決壊、延長522m、流失家屋1棟、七条仁界で被害大、田畑冠水200町歩。(「徳島県災異誌... 続きを読む

大正8年の豪雨

大正8年(1919)4月25日、豪雨により、宮川内谷川堤防決壊。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による... 続きを読む

大正6年の台風

大正6年(1917)10月10日、台風により、宮川内谷川氾濫、松島、大山、松坂村などで被害甚大、田畑冠水1,500町歩、損害約60万円。(「徳島県災異... 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)9月14日、大雨により、吉野川、宮川内谷川洪水。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等に... 続きを読む

明治40年の豪雨

明治40年(1907)8月24日、三日間連続豪雨により、吉野川・宮川内谷川の堤防決壊数箇所。県下の死者19人、家屋の全壊・流失360戸、床上浸水10,... 続きを読む