寛永19年の長雨

災害年月日
1642年00月00日
市町村
徳島県上板町
災害種類
その他(長雨)  その他(冷害)  
概要
寛永19年(1642)、長雨が降り続き、冷害が加わり、諸国大凶作となった。四国、九州、東北、北陸地方は大飢饉となった。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上板町史編纂委員会編「上板町史 下巻」(上板町、1985年)、642頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 冷害 飢饉
NO.
徳島3883

よく似た災害

寛永19年の長雨

寛永19年(1642)夏、長雨が続き、全国的に不作となった。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による) 続きを読む

天明5年の洪水

天明5年(1785)7月11日、大暴風雨、洪水により、飢饉となった。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等に... 続きを読む

天明7年の長雨・豪雨

天明7年(1787)3月より長雨が降り続き、4月25日には豪雨があり、大洪水となった。数年来打ち続く不作の上に、決定的な打撃を受けて大飢饉を招いた。諸... 続きを読む

寛正元年の干ばつ

寛正元年(1460)、旱害、風水害などの連続により、諸国飢饉となる。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等に... 続きを読む

天保3年~8年の干ばつ・風水害・長雨

天保3年(1832)から8年(1837)にかけて、干ばつ、風水害、長雨等が続き、諸国大飢饉となった。阿波国でも窮乏は甚だしく、木の葉を摘み、木の実を拾... 続きを読む