昭和11年の山火事

災害年月日
1936年03月00日
市町村
徳島県上板町
災害種類
火災  
概要
昭和11年(1936)3月、泉谷大獄より出火し、浦山、白茸(しらたけ)などを延焼した。焼失面積約100町歩。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上板町史編纂委員会編「上板町史 下巻」(上板町、1985年)、646頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山火事 泉谷
NO.
徳島3896

よく似た災害

昭和7年の山火事

昭和7年(1932)、泉谷三ツ谷より出火し、上り山、法蓮、貞蔵受、多平受、常次受などを延焼した。 続きを読む

昭和15年の山火事

昭和15年(1940)5月16日朝8時過ぎ、泉谷上り山より出火し、かくれ畑、ゴンジヤクから神宅字西の口に燃え拡がり、さらに大山寺、黒岩神社付近を延焼し... 続きを読む

昭和3年の山火事

昭和3年(1928)2月25日、吉良川で焼失面積700町歩の山火事が発生。村民総出動で消火に努め、26日に鎮火した。 続きを読む

昭和61年の山火事

昭和61年(1986)8月28日、豊島甲生地区の県道上の交通事故より出火、山林に延焼、拡大した。被害は、焼失面積128ha、死者1名、負傷者6名、損害... 続きを読む

昭和38年の山火事

昭和38年(1963)2月24日14時、山田東上の片地山から出火し、火は片地山から沢ノ平の山野、内原野公園の裏山まで延焼した。各市町村消防団の活動によ... 続きを読む