明治43年の台風

災害年月日
1910年09月08日
市町村
徳島県阿波市(土成町)
災害種類
風水害  
概要
明治43年(1910)9月8日、台風が土成町地方を通過し、降雨量は105.7ミリとかなりの大雨であった。風速は比較的弱かったが、稲の開花期にあたっていたので、稲作に思いがけない被害を与えた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土成町史編纂委員会編「土成町史 上巻」(土成町史編纂室、1975年)、398頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
徳島3905

よく似た災害

明治18年の台風

明治18年(1885)、秋稲の開花期に台風が襲来し、人家は壊れ、塩分を含んだ雨のため、城辺地区の稲は全滅に近い被害を受けた。僧都川が氾濫し、中町、古町... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)、秋稲の開花期に台風が襲来し、人家は壊れ、塩分を含んだ雨のため、城辺地区の稲は全滅に近い被害を受けた。僧都川が氾濫し、中町、古町... 続きを読む

大正7年9月の台風

大正7年(1918)9月14日、台風が南紀に上陸した。雨量は少なかったが、稲の開花期に辺り、8月の低温・多雨と重なり、稲に被害を与えた。 続きを読む

昭和20年の台風

昭和20年(1945)9月、台風襲来。晩稲の開花期に当たっていたため、稲田は一夜にして白くなり、収穫皆無。終戦後の食糧難に拍車をかけ、その影響は深刻で... 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月8日、九州のはるか南方から北上を続けた台風が大隅半島へ上陸して、北九州を通過し、朝鮮東岸に沿って進んだ。日和佐町内では、ちょう... 続きを読む