大正元年の台風

災害年月日
1912年09月21日
市町村
徳島県阿波市(土成町)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月21日、台風が室戸岬に上陸後、北東進して阪神地方に上陸した。この年は台風の当たり年で、8月24日、10月2日も台風があり、その都度かなりの被害を出した。この年、土成村では田45町4反5畝、畑6町5畝、宅地3反1畝の農作物に被害を受けた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土成町史編纂委員会編「土成町史 上巻」(土成町史編纂室、1975年)、398頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
徳島3906

よく似た災害

大正元年の台風

大正元年(1912)8月23日、台風が夜須町に上陸し、安芸郡に多大な被害。 続きを読む

大正元年8月の台風

大正元年(1912)8月13日、大型台風が土佐湾から夜須付近に上陸した。このため、海岸では高潮と暴風で松の大木が倒れ、羽根村では新築小学校2棟、中川内... 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月15日、台風が足摺に上陸した。3日間の雨量は越知で604ミリに達し、大洪水となった。県下で死者186人、全半壊652戸を出した... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日、大台風があり、洪水により稲作が大きな被害を受けたと伝え聞いているが、記録は見当たらず不詳である。 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)8月23日、台風が土佐沖から夜須町に上陸して、北進した。県下東部は強風、高潮により安芸郡下で死者33人、家屋全壊1,854棟の被害... 続きを読む