大正6年の台風

災害年月日
1917年08月03日
市町村
徳島県阿波市(土成町)
災害種類
風水害  
概要
大正6年(1917)8月3日、台風が室戸岬に上陸し、北上して台風の中心が土成町を通過した。風速16.3mの西風の直撃を受けたため、神社の古木で倒伏するものが多く、作物の被害も甚大であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土成町史編纂委員会編「土成町史 上巻」(土成町史編纂室、1975年)、398頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
徳島3907

よく似た災害

大正元年8月の台風

大正元年(1912)8月23日から24日にかけて台風の中心が東讃を通ったため、造田地区では家屋の全壊5戸、半壊1戸、田の浸水17haの被害を受けた。 続きを読む

大正6年の台風

大正6年(1917)8月3日、台風(最低気圧739.7ミリメートル)により神社の多くの大木が倒伏し、耕地及び作物の損害が甚大であった。全壊10戸、半壊... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)8月23日午前11時から翌24日午前4時まで、台風が猛威を振るった。この台風により、完成したばかりの羽根尋常高等小学校の2棟が倒壊... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が襲来し、香川県でも倒伏家屋等があり、農作物は大打撃を受けた。(「香川県気象災害誌Ⅰ・Ⅱ」、「香川県気象史料」... 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日、台風により、金峯神社の大木24株倒れる。 続きを読む