昭和13年の台風

災害年月日
1938年09月05日
市町村
徳島県阿波市(土成町)
災害種類
風水害  
概要
昭和13年(1938)9月5日、台風が牟岐から上陸して徳島の西を通り、北灘に抜けた。土成町も台風の中心に近かったため、雨量が多く、宮川内谷川は未曾有の大氾濫を起こして沿岸に脅威を与えた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土成町史編纂委員会編「土成町史 上巻」(土成町史編纂室、1975年)、398頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 宮川内谷川
NO.
徳島3909

よく似た災害

昭和13年の台風

昭和13年(1938)9月5日11時7分頃、台風が牟岐から上陸し、徳島の真西を通って13時に北灘に抜けた。4日~5日の雨量は福原で780ミリ、横瀬で3... 続きを読む

明治29年の洪水

明治29年(1896)8月30日、南境山岳部で雨量が多く、洪水氾濫して未曾有の水害となった。 続きを読む

明治45年の台風

明治45年(1912)9月23日、台風による豪雨のため、吉野川、宮川内谷川が氾濫。宮川内谷川堤防決壊延長777m、田畑冠水100町歩、家屋倒壊18棟、... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月1日から7日間雨が降り続き、吉野川は未曾有の大氾濫となった。田畑は荒地と化し、人畜、農作物、堤防等は大被害を受けた。(「板野郡... 続きを読む

昭和28年のテス台風

昭和28年(1953)9月26日、台風13号(テス台風)により、大きな被害が出た。この台風を契機に、宮川内谷川の河川改修、宮川内ダム建設が行われた。 続きを読む