昭和20年の枕崎台風

災害年月日
1945年09月17日
市町村
徳島県阿波市(土成町)
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風が九州に上陸し、瀬戸内海北部を北東進した。徳島県では16日遅くより降り始め、17日夜まで続き、県内一円に雨により相当大きな被害を被った。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土成町史編纂委員会編「土成町史 上巻」(土成町史編纂室、1975年)、398頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
枕崎台風
NO.
徳島3910

よく似た災害

文化2年の大雪

文化2年(1805)12月20日朝寅刻(午前4時)より降り始め、午時(正午)まで降り続き、平地で積雪が1尺4寸余となった。 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風が枕崎から米子方面に抜けた。県内の雨は16日昼頃から降り始め、しだいに風雨ともに強まった。四万十川流域では6... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、台風が枕崎に上陸し、米子へ抜けた。県内の雨は16日昼頃から始まり、17日夜までかなり強く、東津野では600ミリを越え... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、猛烈な台風が鹿児島県枕崎に上陸し、米子に抜けた。県内の雨は16日昼頃から17日夜までかなり強く、降雨量は東津野680... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日夜半から18日早朝にかけて、枕崎台風が来襲し、三豊平野の農作物、家屋等に甚大な被害をもたらした。屋根瓦は飛散し、稲は白... 続きを読む