昭和36年の第二室戸台風

災害年月日
1961年09月15日
市町村
徳島県阿波市(土成町)
災害種類
風水害  
概要
昭和36年(1961)9月15日より16日にかけて、第二室戸台風は480ミリを越える雨量をもたらした。九頭宇谷川の翫城地橋地点では水位が2.4mと警戒水位を大きく突破し、堤防決壊の危機に瀕した。このため、水防管理者(町長)の出動命令のもと全町あげて出動し、堤防に土のうを積み、木流し作業(しぶしという)を実施して堤防決壊を予防した。懸命の水防活動により九頭宇谷川の堤防は守られたが、作業中の分団員が殉職した。これを機に、住民の間に九頭宇谷川の完全改修に関する要望が高まった。
地理院地図
Googleマップ
備考
翫城地橋のたもとにお地蔵様が安置されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土成町史編纂委員会編「土成町史 上巻」(土成町史編纂室、1975年)、402-403頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
第二室戸台風 九頭宇谷川 水防活動 殉職 河川改修への要望
NO.
徳島3914

よく似た災害

昭和25年のジェーン台風

昭和25年(1950)9月3日、ジェーン台風が徳島の東海岸から大阪地方に抜けた。台風通過の3日目に集中豪雨があり、北北西風速29.2mの風が吹いて、宮... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風により園瀬川の堤防が決壊して、ジェーン台風の時と同じだけの水が来た。論田でも勝浦川の堤防が決壊して、産業... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、台風18号(第二室戸台風)の通過に伴い、徳島県での最低気圧は935.2ミリバールで、徳島地方気象台始まって以来の記録... 続きを読む

昭和40年の台風23号・24号

昭和40年(1965)9月13日から17日まで、台風23号及び台風24号により、九頭宇谷川は増水し危険になったため、土成町では役場に水防本部を設置して... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風により宮川内谷川の北岸引野40m堤防決壊。南岸北高瀬地区床上浸水30戸、鍛治屋原20戸、引野20戸。交通... 続きを読む