明治6年の火災

災害年月日
1873年00月00日
市町村
徳島県神山町
災害種類
火災  
概要
明治6年(1873)、一宇夫で火災が発生し、6戸が焼失した。原因や類焼棟数は不明である。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上分上山村誌編集委員会編「上分上山村誌」(上分上山村誌編集委員会、1978年)、366頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 一宇夫
NO.
徳島3929

よく似た災害

大正11年の火災

大正11年(1922)、石本で火災が発生し、8戸が焼失した。出火原因などは不明である。 続きを読む

明治34年の火災

明治34年(1901)、甲浦の東股で火災があり、120戸が焼失した。(「安芸郡史考」による) 続きを読む

明治43年の台風

明治43年(1910)5月11日、台風により、安原村安原下で雨量が215.5ミリに達した。被害状況は不明である。 続きを読む

明治43年の台風

明治43年(1910)5月11日、台風により、安原村安原下で雨量が215.5ミリに達した。被害状況は不明である。 続きを読む

天保13年の火災

天保13年(1842)11月3日戌(午後8時頃)、名西郡中島村で大火、家数18軒、棟数49軒が焼失した。(「阿陽市街実記」による) 続きを読む