昭和39年の火災

災害年月日
1964年03月09日
市町村
徳島県美馬市(木屋平村)
災害種類
火災  
概要
昭和39年(1964)3月9日午後10時30分頃、三ツ木幼稚園・小学校・中学校から出火し、一瞬にして全校舎を焼き、さらに三ツ木八幡神社をも焼き尽くした。八幡神社を含めて損害額は3,000万円と推定された。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
木屋平村史編集委員会編「改訂 木屋平村史」(木屋平村、1996年)、599頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 三ツ木 校舎 八幡神社
NO.
徳島3985

よく似た災害

大正8年の大火

大正8年(1919)5月3日午前8時頃、下田町から出火し、西の強風のため下田小学校が全焼し、さらに飛び火して130余戸を焼き尽くして、正午頃鎮火した。... 続きを読む

明治22年の火災

明治22年(1889)旧正月2日正午頃、奈半利の東浜の西端から出火し、戸数400戸を焼き尽くし、1人の焼死者を出した。 続きを読む

寛政元年の火災

寛政元年(1789)1月10日、奈半利の東浜の火事でほとんどを焼き尽くし、東西の人家わずか6軒残った。 続きを読む

明治22年の火災

明治22年(1889)旧正月2日正午頃、東浜の西端から出火し、東浜・法恩寺の大部分を焼き尽くして鎮火した。焼失戸数400余戸、焼死1人。 続きを読む

寛政元年の火災

寛政元年(1789)1月10日、東浜の火事でほとんどを焼き尽くし、東西の人家わずか6軒残ったという記録がある。 続きを読む